ぜんそくの症状 目次

ぜんめい(喘鳴)
息切れ(呼吸困難)
せき
たん
その他の症状

スポンサードリンク

ぜんめい(喘鳴)

ぜんめい(喘鳴)とは、のどの部分がゼーゼーなる事を言います
これは喘息の特徴で、空気の通り道である気管支が炎症を起こしているためです。
しかし、幼児期にはまだ気管支が細い為風邪を引いただけでもゼーゼー言うことがあり、喘息とは関係が無い時も起こります。
また、気道が細くなってしまう病気でも同じような音が鳴るので、ぜんめい=喘息ではありません。
異物が気管支に入り込んだときも、空気の通り道が狭くなる為同じようなぜんめいが起こります。
肺気腫、気管支炎、心不全でも起こりやすいので簡単に喘息と決め付けるのは止めましょう。
子供の頃は喘息と気管支炎の判断が付きにくい時もあります。
ぜんめいは気管支に炎症が起こっている状態です。
初期の頃にはぜんめいは聞こえませんが、症状が進行してくる場合や、急に喘息の発作が起こったときにはぜんめいが続きます。
薬で気管支を広げるとぜんめいが収まることがありますが、気管支の炎症を取り除かなければまた同じようにぜんめいが起こります。
喘息の患者は気管支が過敏で、タバコなどの有害物質や冷気などで刺激を受け、炎症が起こります。
ぜんめいは気管支に刺激が与えられると起こり、普段は他の人と同じように生活することが出来ます。
また、運動誘発性喘息と言って、激しい運動によりぜんめいが起こる事もあります。
気をつけてもらいたいのが、喘息の発作が起こっているにも関わらず、ぜんめいが聞こえない場合です。
本人もかなり呼吸が苦しいと感じていますし、気管支の通り道がぜんめいが聞こえないほど狭くなっています。
チアノーゼを起こし、酸欠状態になることもあるので、早急な治療を必要とします。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline