スポンサードリンク

免疫のしくみ

子供の喘息はアレルギーが原因の場合が殆どです。
では、アレルギーとは一体なんでしょうか。
アレルギーを理解する為には、体の免疫について知る必要があります。
免疫とは、体に入ってきた異物を攻撃し、退治する働きの事を言います。
免疫力を高めると風邪をひきにくくなったり、アレルギーが治ったという事例もあります。
免疫は人が持っている防衛反応で、様々なウイルスや細菌から体を守っています。
一度異物と判断した物質に対して、抗体が出来ます。
同じような異物がもし入ってきたとしても、それを無害化するために作られるのが抗体です。
一度抗体が出来てしまうと、その物質が進入したときに過剰に攻撃する働きが起きてしまいます。
これがアレルギーの原因となっています。
抗体を作る役割をになっているのが、リンパ球です。
リンパ球は異物を判断し、同じものが入ってきたときに排除する働きをしています。
免疫は人の体にとって有益な働きをしていますが、時にはそれが問題となる事があります。
強い免疫の力によってショック状態になり、死亡するケースもあります。
蜂に刺されてしまった人が、また刺されるとショック死する事は有名です。
他にもそばアレルギー、ピーナッツアレルギーなどの人はアナフィラキリーショックにより死亡する可能性があります。
喘息もアレルゲンに対し過剰に免疫力が働いてしまった結果と言えます。
アレルゲンが進入すると異物を排出する為に、白血球が増殖し過剰に刺激を与える事になります。
その為気管支に炎症が起き、喘息の発作が起こります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline