スポンサードリンク

アレルギー体質とは

免疫は通常体に有益な働きをし、異物を排出するために起こります。
しかし、アレルギー体質の人はその免疫が過剰に働き、アレルギー反応が起こってしまいます。
アトピー性皮膚炎では皮膚に炎症が起こりますし、鼻炎の場合には鼻水が出たり鼻詰まりを起こします。
喘息の場合には気管支に炎症を起こし、気道を狭くしてぜんめいや呼吸困難が起こります。
アレルギー体質はアレルゲンに対し、抗体を作りやすい人で、様々なアレルゲンに反応しやすくなっています。
アレルギーを持っている人は、ダニ、ハウスダストなど数種類の抗体を持っていることも珍しくありません。
アレルギー体質は増加傾向にあり、乳幼児からアレルギーで悩まされる人も多いようです。
環境汚染や添加物、化学物質、大気汚染など多くの原因があります。
また、親がアレルギー体質の場合には、子供に遺伝する事もあります。
多くの有害物質が母親の体内に蓄積され、胎児に影響を及ぼしてしまいます。
気密性の高い住宅が増え、ハウスダストやダニなどが増殖し、アレルギー物質に触れる機会が多くなっています。
アレルギーとなる物質は世の中に溢れ、食品にも多くの添加物などが含まれています。
小児に喘息患者が増え、喘息と言えなくても気管支が弱い子供は非常に多いと言えます。
綺麗な空気の環境に移り住み、食品も自然なものを摂る様に変えると喘息が改善されるとも言われています。
現代ではそれらの有害物質を避けることは難しいと言われていますが、健康ブームより有機栽培やオーガニック、無添加商品などナチュラルで体に優しいものが注目を浴びるようになってきました。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline