スポンサードリンク

ぜんそく発作を起こすアレルゲン

喘息を起こすアレルゲンは、鼻や口から吸った空気に含まれていることが多いようです。
鼻から吸われた空気は毛のフィルターを通って入りますが、口から運ばれる空気には様々なアレルゲンが存在しています。
その為、口呼吸が問題となっている子供にアトピー型の喘息が増えています。
吸入されてアレルギーを起こす物質の代表的なものは、ハウスダストやダニだと言われています。
その他にもカビ、花粉、ペットの毛などもアレルゲンとなりやすくなっています。
一番の原因となるのが、ハウスダストです。
気密性の高い住宅が増え、ダニが増殖する湿度と温度の環境が揃っています。
このような住宅では、ダニが増殖し、ハウスダストの中にはダニの死骸が含まれています。
ハウスダストの原因となるのは、布団が一番です。
最近ではダニの侵入を防ぐ目の細かい繊維を使った寝具も売られていますし、ハウスダストが出にくい寝具も販売されています。
夜中に喘息の発作が出やすい人は、寝具を変えるだけでも予防できるようです。
ハウスダストを予防するには、換気が大切です。
カーペットやカーテンなどもハウスダストが発生しやすいので、フローリングやブラインドに変えると良いでしょう。
湿度が多いとカビやダニの発生が起こるので、加湿器の使用の場合には注意が必要です。
気化式やハイブリッド式に変え、換気を行うようにしましょう。
食物にアレルギーがある場合には、食品が喘息の元になる事もあります。
薬での影響は、痛み止めに含まれるアスピリンがあります。
どのようなアレルゲンがあるか血液検査により調べておくと、喘息の発作の予防に役立ちます。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline