スポンサードリンク

アレルギー反応の過程

アレルギーが起こる過程は、異物が体に進入し抗体が起こる事からなります。
その抗体は気管支の粘膜の肥満細胞に付着します。
更にアレルゲンが進入してくると、抗体が反応を示し、気管支に炎症を起こします。
抗体からは様々な化学物質が分泌され、気管支に炎症を起こし気道を狭めたり、たんを増加させます。
アトピー型の喘息の人は、アレルゲンに触れなければ喘息の発作が起こる事はありません。
その為、アレルゲンを知ることと、その物質を排除する工夫をすれば喘息の発作は少なくする事があります。
アレルギー反応は、アレルゲンを吸入した10分程度で起こり、通常は治療を行わなくても自然と収まります。
更にこの時に分泌された化学物質の中には、気管支を炎症させる物質が含まれており、ますます炎症を強くしてしまいます。
アレルゲンを吸入した後には、8時間程度でまたぜんそく発作を起こし、翌日まで症状が続いてしまいます。
その時にも抗体が関係し、気道に炎症を起こしてしまいます。
このように喘息は常に気道が炎症を起こしている状態で、慢性化してしまい繰り返し発作を起こしてしまいます。
喘息を治療するときには、気管支の炎症を抑えることが大切です。
普段は問題ないと思っても、炎症が慢性化していることもあり、少しの刺激で発作が起こってしまうのです。
アレルゲンを避けると共に、気管支の炎症の治療を行う必要があるのです。
喘息の原因となる抗体にも色々なタイプがありますが、IgEが特に問題となります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline