スポンサードリンク

アレルギーは遺伝するか?

アレルギー体質は遺伝する可能性があります。
親が喘息にかかっていれば子供にも遺伝する可能性があります。
また、親が喘息以外のアレルギー疾患を患っている時でも、子供が喘息になる可能性があります。
確立としては50%程度だと言われており、親がアレルギー体質だからと言って全ての子供に遺伝するとは限りません。
両方の親がアレルギー体質の場合には、遺伝する確立が高まります。
喘息という病気が遺伝するのでは無く、アレルギー体質が遺伝をしますから、子供がどのようなアレルギー疾患にかかるかは分かりません。
しかし、アレルギー体質が遺伝してしまった場合には、喘息になりやすい体質も遺伝していると同時に生活環境や食生活なども親と同様になる為、同じように喘息になる可能性はあると言えます。
アレルギー体質になってしまった子供は、小児の頃から喘息が発症するのではなく、アトピー性皮膚炎から始まる事が多いようです。
早い子供では生後1ヶ月頃から体に湿疹が出来るようになります。
喘息に移行するのは小学生頃になってからで、それ以前でも風邪を引くとぜんめいを起こしやすいようです。
その後鼻炎に進行する事もあります。
このように年齢によりアレルギー疾患が変わることを、アレルギーマーチと呼んでいます。
アレルギー体質のある人は、様々なアレルギー疾患にかかる可能性があるのです。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline