ぜんそくの検査と診断 目次

胸部レントゲン写真
肺機能検査
たんの検査
血算
生化学検査

スポンサードリンク

胸部レントゲン写真

喘息のようにぜんめいが起こったり、呼吸困難が起こっても喘息とは診断できません。
他の病気でも同様の症状が出る為、喘息と診断する為には様々な検査が必要となります。
その一つに胸部レントゲンがあります。
せきやぜんめい、呼吸困難があれば、呼吸器系の病気の可能性が高いため、胸部レントゲンを取ります。
心臓病などの可能性もありますが、呼吸器系の疾患の可能性もある為、胸部レントゲンは必須になります。
場合によっては正面だけでなく、横からもレントゲンを撮影します。
しかし、喘息の患者だからといって、その診断がレントゲンで行われるとは限らず、異常が無い場合もあります。
レントゲンで異常が見つかった場合には、細部を撮影して詳しく調べる必要が出てきます。
その為、胸部断層写真を撮り、肺の細部を確認します。
更に肺の写真を正確に知るためには、CTを利用します。
肺を細かく輪切りにし、細かい部分まで調べる事が可能です。
CTは比較的負担する費用も多いため、全ての人に行われるのではなく、大体は胸部レントゲンのみ行われます。
喘息で入院した場合などでは、念のためCTまで行う事もあります。
気道に異物が入り込んだときには、異物がはっきりと確認できます。
気管支に腫瘍があるときにもレントゲンで確認する事が出来ます。
喘息の患者の多くは、レントゲンでは異常が見られず、「肺は綺麗ですね」といわれるだけになってしまいます。
喘息が重症になっているときには、たんが気管支に詰まり、その状態がレントゲンで確認できる事もあります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline