ぜんそくの検査と診断 目次

胸部レントゲン写真
肺機能検査
たんの検査
血算
生化学検査

スポンサードリンク

肺機能検査

喘息の検査では一般的にレントゲンや内診による検査のみの事もありますが、喘息専門の医療機関では肺機能検査も行われます。
肺機能検査とは息を吐く力を調べる、肺活量を検査します。
息をいっぱい吸って吸いきれないときまで来たら、ゆっくりと息を吐き出していきます。
この時に分かるのが肺活量です、
その他に、めいいっぱい息を吸い、一気に息を吐き出す方法は、努力性肺活量と呼ばれています。
喘息の発作が出ているときには、この検査をすると呼吸が辛くなるので、ある程度落ち着いているときに検査を行います。
通常の人はどちらの肺活量も同じ量ですが、喘息の発作が出ているときには気道が狭くなり、努力性肺活量の方が少なくなります。
両方のバランスが悪いときには、喘息の発作が起こっている事になります。
年齢、体重、性別によって肺活量の主な平均値が決まっています。
通常の平均値より80%位までは正常と言えます。
喘息の患者は気道が狭くなり、日常的に気管支に炎症を起こしている状態ですから、肺活量により喘息の診断が付く事になります。
肺活量を検査するときに喘息の診断を行うときには、肺活量の低下と気管支拡張薬による気管支の拡張度を調べる事もあります。
また、わざと気管支に刺激を与え、気管支が収縮する様子を確認する方法もあります。
通常の人は気管支を収縮させる成分を吸っても、最高濃度でも問題がありません。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline