ぜんそくの検査と診断 目次

胸部レントゲン写真
肺機能検査
たんの検査
血算
生化学検査

スポンサードリンク

血算

喘息の可能性がある患者では血液検査も行われます。
様々な病気でも血液検査が行われますが、血液中の白血球と赤血球の数を調べる事により、喘息の診断の目安にもなります。
喘息の人は、白血球が増加しますが、特に好酸球が増える事が特徴です。
しかし、好酸球は喘息だけでなく、アレルギー疾患全てにおいて見られる事ですから、ぜんそくと言い切れるわけではありません。
気管支炎などが起こると、好中球が増えるので、両方を併発している時には両方が見られる事になります。
また、血液検査でわかる事の中には、アレルギー物質の特定もあります。
アレルギー物質を特定するには、皮膚にアレルゲンをつけて、肌の炎症度を見る事でも知ることが出来ますが、血液検査でも調べる事が出来ます。
アレルギー患者は様々なアレルゲンに反応する事が予想されますが、中には数種類のみに反応を示している場合もあります。
その時には少しずつ体にアレルゲンを注射し、体を慣らす減感治療方法も有効です。
しかし、アレルギー体質を持っていると、今後他のアレルゲンに反応してしまう恐れもあると思います。
その場合には一時的な効果となりますが、特定のアレルゲンに反応する場合は効果的な治療方法となります。
また、自分でアレルゲンを避ける工夫もすることが出来るので、アレルギー検査は一度行っておくと良いでしょう。
皮膚科、アレルギー科、内科などでも行ってもらえます。
血液検査は頻繁に行うものではありません。
しかし、治療の経過を見るためには定期的に検査する場合もあります。
現在利用している薬が効いているのか、症状は安定しているのか調べます。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline