ぜんそくの検査と診断 目次

胸部レントゲン写真
肺機能検査
たんの検査
血算
生化学検査

スポンサードリンク

生化学検査

喘息の治療には様々な薬を服用したり、吸入器を利用するため、定期的な検査が必要となります。
喘息は慢性的な気管支の炎症が原因ですから、炎症を抑えるために薬を利用し、症状を抑えることが出来ます。
その薬は長期的に及ぶ事も珍しくなく、副作用が無いか調べる事は重要です。
生化学検査とは血液や尿検査など異常が無いか調べる事を言います。
体に異常がある場合には血液中に異常な数値が見られるようになります。
喘息の治療は副作用の少ない薬を利用しますが、100%無いとは言い切れず、腎臓や肝機能に障害が無いか定期的にチェックするのです。
副作用を予防する為には、喘息に利用されている治療薬の名前を知り、医師に詳しい情報を聞いてください。
治療の目的や副作用に関することも重要です。
喘息の治療で長期にわたる場合には、ステロイド吸入器が利用されます。
ステロイドと呼ばれていますが、直接肺に働きかけるため、副作用は飲み薬に比べて少なくなっています。
しかし、薬には変わりありませんし、長期的に利用するので生化学検査が重要になります。
ステロイド吸入器の副作用は、口の中にカビが生える可能性があります。
その他には腎機能や腎機能の低下の可能性もあります。
しかし、ステロイド吸入器を止める時のリスクより、細心の注意を払って治療を行っているときの方がメリットは大きい事があります。
逆に喘息の発作を繰り返す事により、気管支が過敏になりやすく、症状が悪化する事もあるので注意が必要です。
大発作を繰り返しているより、治療を行い適切な処置をしているときの方が完治する可能性もあります。
これは小児に対しての事ですが、治ったというより、薬を利用しなくても落ち着いていると言ったほうが良いかもしれません。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline