アレルゲン(抗原)の検索 目次

皮膚反応
誘発テスト
免疫グロブリン検査(血液検査)

スポンサードリンク

皮膚反応

アレルゲンの検査を行うときには、アトピー型の喘息の時に有効になります。
アレルギー体質の人は多数のアレルゲンに対し反応を示す為、喘息の原因であるアレルゲンを特定する事は困難ですが、ひとつの目安にする事ができます。
アレルゲンの特定には、問診によっても行われます。
本人も喘息の発作が起こる物質を自覚している事もあるでしょう。
例えば、布団の上げ下ろしの時に出るハウスダストによって発作が起こった場合。
犬や猫などに触れたときに喘息の発作が起きた場合などです。
アトピー型の喘息の患者は、いくつものアレルゲンに反応する事が考えられるので、一部でも知ることは喘息の発作を軽減することにもなります。
アトピー型の喘息で多いのが、ハウスダストやダニに対してです。
それらにアレルギー反応を示す人は、ホコリを吸ったときにくしゃみがでたり、目が痒くなったりもします。
完全にアレルゲンを取り除く事は不可能ですが、こまめに掃除をする事や、ハウスダストが出ないような環境に変えることは可能でしょう。
フローリングに変える、拭き掃除を行う、ペットを飼わない、寝具はホコリが出にくいタイプを利用するなど対策はいくらでもあります。
しかし、アトピー型の喘息の人は、薬剤にも反応してしまう事があるので、カビを退治するときに強い薬を利用してしまうのは避けたほうが良いでしょう。
酢など天然のもので対処したり、換気を心がける事によってカビは避けられます。
アレルギーは今まで反応しなかったものでも、年齢を重ねていくうちに反応が出てしまう事もあります。
アレルギー体質の人は様々なアレルゲンを避ける工夫が必要だと思います。
アレルゲンの特定には、皮膚にアレルゲンの液を直接つけて、皮膚の反応を見る方法が一般的に利用されています。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline