アレルゲン(抗原)の検索 目次

皮膚反応
誘発テスト
免疫グロブリン検査(血液検査)

スポンサードリンク

誘発テスト

アトピー型喘息の患者が皮膚によるアレルゲン特定テストを行うと、様々なアレルゲンに反応する事が分かります。
しかし、全てのアレルゲンが喘息の直接の原因になっているとは言い切れません。
その為、確実に喘息の原因になっているかを調べるためには、アレルゲンを吸入して反応を調べます。
特定のアレルゲンを吸ったときに気管支に縮小が見られた場合には、そのアレルゲンが原因と言う事がわかります。
いきなり大量のアレルゲンを吸ってしまうと、強い喘息症状が出る事もあるので、初めはごく薄い濃度のアレルゲンを吸います。
徐々に濃度を上げていって、最大の濃度でも反応が見られない場合は、たとえ皮膚パッチテストで反応が出ても喘息の原因ではありません。
しかし、現実的にはアレルゲンの濃度を調節し、目的の量を吸わせる事は難しくあまり利用されていません。
また、人によってアレルギー反応を示す物質が異なり、全ての要因を調べる事は困難です。
あくまでも一つの目安として利用し、生活の中で気をつけるために利用されると良いでしょう。
また、特定のアレルゲン1種などに反応している場合には、花粉症の治療のように少しずつ体に慣らしてアレルギーを無くす方法もあります。
吸い込んで喘息の発作になるアレルゲンには、タバコの煙、花火の煙、ペットの毛、ハウスダスト、ダニの死骸、カビの胞子、化学物質などが考えられます。
家族に喫煙者が居る場合には、受動喫煙を行っている可能性があるので、禁煙してもらうよう勧めましょう。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline