アレルゲン(抗原)の検索 目次

皮膚反応
誘発テスト
免疫グロブリン検査(血液検査)

スポンサードリンク

免疫グロブリン検査(血液検査)

アトピー型の喘息の場合には血液検査によって、アレルゲンを特定する場合があります。
アレルギー体質の人がアレルゲンに対し抗体を持つと、IgEが増加します。
この抗体が出来ると、肥満細胞にくっつきアレルギー反応を出してしまいます。
アレルゲンが体内に侵入してくると、IgEが活性化され多くの化学物質を出し、気道を収縮させて喘息の発作となるのです。
アトピー型の喘息の人は、IgEの数を測定する事で、どのアレルゲンに対し反応を示すのか調べる事が出来ます。
この方法は100種類程のアレルギー反応を調べる事が出来る為、皮膚反応テストに比べると効率が良くなります。
植物によるアレルギー、カビ類、動物、寄生虫、ハウスダスト、食物アレルギー、化学物質など様々なアレルギーを調べる事が出来ます。
しかし、健康保険内で調べるには、10種類までと決められている為、ある程度問診により種類を絞ってから行われます。
血液検査では陽性反応のレベルを知ることができ、その数値が高ければ喘息の原因となっている可能性があります。
アトピー型の喘息の場合には、アレルゲンに対して抗体が作られている事になります。
ハウスダストやタバコの煙などに対してアレルギー反応をしている場合は、自分でも気道の収縮を感じる事が出来ますから、大体の目安は付くはずです。
特にそのアレルゲンに触れたときに強い発作が出る場合には、血液検査を行わなくても予想する事が出来るので、なるべく日常生活で避ける工夫をして下さい。
アレルギー体質の人は、数種類のアレルギーを持っていることも珍しくありませんが、喘息の原因となっているのは少ない場合もあります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline