スポンサードリンク

ぜんそくの治療

喘息の治療は発作が起こったときと、普段とでは治療方法が異なります。
発作があり呼吸が辛いときには、気管支を拡張し気道を開いて呼吸を楽にする必要があります。
その為に気管支拡張薬を利用し、飲み薬や吸入、点滴などが行われます。
気管支拡張薬は気道を開き呼吸を楽にしますが、動悸などの副作用が起こります。
喘息の治療は日常生活で発作が起こっていない時から、適切な治療を行う事が大切です。
気管支の炎症を抑えるステロイド薬や抗アレルギー薬、ステロイド吸入器などの利用です。
喘息は慢性的な気管支の炎症が起こっていますから、発作が起こる前に炎症を抑える薬で治療を行っておく必要があります。
そのような治療を行うと、普段は普通の人と変わらない生活をする事が出来ますし、いつ発作が起こるか分からない不安を抱える必要もありません。
発作が起こってしまったときには、その症状を取り除く治療が大前提となりますが、予防をする治療も大切なのです。
日本アレルギー学会では平成5年にアレルギー疾患治療ガイドラインを発表し、喘息の治療方法についても指導が行われています。
喘息の治療で大切な予防では、医師と患者とのパートナーシップが大切です。
患者は長期的に治療する事になりますから、疑問点を良く聞き、治療方法を明確にしておくことです。
医師は治療を行う上で副作用の説明を行い、定期検査を行って副作用のリスクを取り除く必要があります。
喘息の多くはアレルギーによって起こされますから、日常生活においてアレルゲン対策の方法などの指導も必要となります。
喘息の治療は長期的になる事が一般的ですが、症状によっては治療を中止する事もありえます。
その為には、正しい治療を行い、途中で投げ出さない事も必要なのです。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline