スポンサードリンク

治療に必要な道具

喘息に必要な道具には数種類あります。
喘息日誌とピークフローメーターです。
喘息日誌は、毎日記入し、その日の喘息の状態を記録します。
たんやせきが出たか、鼻水は出たか、風邪をひいていないか、患者の自覚症状を記入します。
そして一番大切なのが、ピークフロー値を1日数回測定し、喘息日誌に記入する事です。
ピークフロー値は朝や夜など何度か測定しますが、専用の道具を利用し、息を思いっきり吐き出す力を測定します。
喘息の症状が進んでいたり、風邪をひいて気管支に炎症を起こしている時には、ピークフロー値は下がってしまいます。
喘息日誌は患者本人が喘息の状態を把握するのにも役立ちますし、医師も患者の状態が落ち着いているか判断する為に使います。
内診により気管支のぜんめいを聞くだけでは、どのような症状か判断付きにくいのですが、ピークフロー値があると安定しているのか、喘息の重傷度も分かってしまいます。
炎症が抑えられ落ち着いているときには、ピークフロー値は一定のリズムのグラフ上になりますが、炎症が強くなってくるとピークフロー値が下がり状態が悪くなってきているのが人目で分かります。
これは、喘息の治療が適切に行われているか、喘息の治療薬がその人に合っているかを判断する情報にもなります。
喘息の発作は夜中から朝方にかけて出る為、ピークフロー値は朝の測定では低めになります。
平均値をグラフ上にしておくと、どのような症状か分かりやすいです。
ステロイド吸入器をうまく吸えない子供やお年寄りなどは、スペーサーという道具を利用し、肺に薬が届くようにします。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline