スポンサードリンク

ぜんそく治療を成功させるために

喘息の治療を成功させる為には、目的をはっきりさせる事が大切です。
喘息の治療は長期的に及ぶ事も珍しくない為、治療の必要性をよく理解しなければなりません。
その為には本人が喘息の症状を知り、その時にあわせた治療方法を行う事です。
安定していればステロイド吸入など炎症を抑える治療方法のみで良く、自分でも喘息日誌を見る事で安定している事を知ることが出来ます。
喘息は季節の変わり目になると症状が出てしまう事があります。
また、風邪をきっかけにして発作が起こったりするので、長期的な治療が必要だという事を理解しましょう。
治療を続けていると自分の状態がわかりますし、季節の変わり目など気温の変化が起こっても発作が起こりにくくなります。
治療を成功させる為には、医師とのコミュニケーションも大切です。
治療方法の目的を聞くことや、いつまで治療を続けたら良いか、薬を変えるときにはその効果と副作用についてなど良く話し合う事も必要です。
喘息の状態を知るためには、喘息日誌を付けるのが一番有効です。
また、喘息の状態によってどのような薬を利用しているか、またその薬の効き目など治療の判断材料にもなります。
旅行などに行くときや、住む場所を変えるときも、喘息日誌があると他の医師でも治療方法が見つけやすくなります。
喘息日誌には発作が起こった原因を記入しておくことで、日常生活の上でアレルゲンを避ける工夫が出来ます。
喘息の治療はうまく行けば治療を中断する事も可能です。
しかし、喘息の治療は長期的になる事が一般的のため、喘息の原因を特定し生活習慣を改める必要性も出てきます。
長期間治療を行って安定期間が長い場合には、一時的に薬を中止し様子を見て判断する事もあります。
出来れば喘息の発作が何度も繰り返す前に治療を行ってください。
喘息の発作を繰り返すと気道が収縮したまま固まってしまい、長期的な治療が必要となるからです。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline