ぜんそくの治療薬 目次

期間支拡張薬
抗炎症薬
その他の治療法

スポンサードリンク

期間支拡張薬

喘息の治療薬では、気管支拡張薬が良く利用されます。
収縮している気道を開き、たんを出しやすくして呼吸を楽にする方法です。
本人は楽になる為、治ったように錯覚してしまいますが、この薬は気道を開く作用があるだけです。
気管支の炎症を取り除く事が出来ない為、少しの刺激でまた発作が起こってしまいます。
長期的に気管支拡張薬を利用しても、喘息の元となる気管支の炎症は取り除けません。
気管支拡張薬を利用すると心拍数が増え、本人も鼓動が早くなったのを確認する事が出来ます。
あまり強い薬を使ったり、繰り返して利用すると心臓に負担をかけてしまう事があります。
呼吸を楽にする為に1日に何度も利用するのは危険です。
1日に数回利用するようになると、気管支の炎症が酷くなっている証拠で、医師による適切な治療が必要なサインとなります。
その内に気管支拡張薬が効かなくなり、大発作となる可能性もあります。
気管支拡張薬はあくまでも気道を開き、呼吸を楽にする薬だと考えておくようにしましょう。
最近では心臓に負担がかからない気管支拡張薬も出てきています。
気管支拡張薬には飲み薬と吸入薬、肌に張る皮膚吸収タイプがあり、子供には肌に張るホクナリンテープが利用されます。
点滴で利用されるのは、テオフィリン薬です。
静脈注射でゆっくりと体内に投与します。
点滴で投与すると水分も一緒に補給できる為、たんが出やすい効果があります。
テオフィリンは血液中の濃度を一定に保つ必要があり、濃度が増えると悪心・嘔吐・不整脈・動機・けいれんなどの副作用が起こります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline