ぜんそくの治療薬 目次

期間支拡張薬
抗炎症薬
その他の治療法

スポンサードリンク

抗炎症薬

喘息の治療薬では、気管支の炎症を抑える薬も利用されます。
気管支拡張薬は気道を開き、たんを出しやすくして、呼吸を楽にします。
それと同時に利用されるのが炎症を抑える薬です。
炎症を抑える薬には、副腎皮質ステロイド薬と抗アレルギー薬の2種類があります。
副腎皮質ステロイド薬は吸入薬で利用される事が多くあります。
ステロイドという名前を聞くだけで、体に悪いとか副作用が強いというイメージを持たれると思いますが、この薬は非常に効力が強く吸入薬を利用すれば直接肺のみに薬を届ける事が出来るので副作用が少なくなっています。
全身に薬の成分を届ける飲み薬に比べて、肺のみに作用します。
もちろんステロイドの利用は慎重に行う必要がありますが、医師の指導のもと正しく利用していれば副作用の心配は少ないと言えるでしょう。
何よりも、炎症を抑える治療方法の為、喘息の発作で救急車に運ばれるリスクを軽減し、患者の身体的精神的負担を取り除く効果があります。
一般的に利用されるのは吸入薬ですが、経口薬、注射薬もあります。
ベコタイドやフルタイド、パルミコートは吸入器で、経口タイプは重度の喘息の治療の時に利用されます。
次に抗アレルギー薬では、アレルゲンに対し抗体を作り出す事を阻害する働きがあります。
喘息だけでなくアレルギー疾患で利用される事もあります。
軽度のアトピー型喘息に利用され、アレルギーが広く重症になっていない患者に使われます。
アレルギーを抑え、それ以上進行させない予防薬として利用されます。
抗アレルギー薬は即効性が無く2週間以上の服用が必要となります。
軽度の子供の喘息の治療としても利用される事もあり、喘息を進行させない働きも期待できます。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline