ぜんそくの治療薬 目次

期間支拡張薬
抗炎症薬
その他の治療法

スポンサードリンク

その他の治療法

喘息の治療薬では、気管支拡張薬や炎症を抑える薬の他にも色々あります。
例えば、漢方薬の使用です。
漢方薬は東洋医学を元に利用されており、病気の根源は一つの問題だけでなく、気の流れや体の冷えなど全身に問題があるという考えです。
西洋医学である気管支拡張薬などの治療は、問題となっている部分を治す治療ですが、漢方薬は全身の治療を目的としています。
漢方薬の利用は軽度〜中度までの喘息患者に向いています。
漢方薬では、麻杏甘石湯や小青竜湯などが利用され、気管支拡張作用があるといわれています。
慢性的な喘息の治療としては、免疫力をアップさせたり、体の冷えを取り除き溜まっている水を排出させる効果を期待した漢方薬もあります。
漢方薬はその人の体質や症状に合わせて色々な漢方薬が調合され、アトピー型や感染型などのタイプで飲む漢方薬が決まるのではありません。
その他には、特定したアレルゲンが見つかっている時に利用できる、減感療法です。
ハウスダストやダニなどアレルゲンを避けることが出来ない場合には、少しずつアレルゲンを体内に注射し、体を慣れさせる効果があります。
若年者に有効であると言われており、数年間の治療期間を必要とします。
花粉症の治療方法としても利用されています。
他には免疫力を高めたり、アレルギー反応を抑える方法もあります。
しかし、科学的には証明されておらず、民間療法と言っても良いでしょう。
温泉療法や体を強くする乾布摩擦、水泳など多くの民間療法があります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline