ぜんそくの症状 目次

ぜんめい(喘鳴)
息切れ(呼吸困難)
せき
たん
その他の症状

スポンサードリンク

せき

喘息の人は気管支が過敏で、アレルギー物質を吸い込んだり、冷たい空気に触れるとセキが出やすくなります。
タバコや花火の煙、ペットの毛などにも反応することがあります。
せきは気道に異物が溜まったときにそれを排出する働きです。
喘息の人は気管支に炎症を起こし、たんと共に異物を外に出そうとします。
異物はアレルギー物質などです。
また、せきだけが長期間続く人は、喘息とは呼ばず、せきぜんそくと呼んでいます。
喘息の特徴であるぜんめいはありませんが、乾いたようなせきが長期間続きます。
喘息の人と症状が異なり、風邪とは違う為抗生剤などを服用しても良くなりません。
治療方法は喘息の治療と同じように行います。
せきぜんそくの人は気道が過敏になっており、色々な刺激によりせきが出やすくなっています。
せきが長く続く時には、喘息の他、せきぜんそく、肺気腫、慢性気管支炎、肺がんなど様々な病気が考えられますから、早めに医師の診察を受けるようにしてください。
せきぜんそくは喘息と異なりぜんめいが起こったり、呼吸困難になることは無い為、治療が遅れる可能性があります。
ただの風邪と勝手に判断せずに適切な治療を行ってください。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline