スポンサードリンク

慢性せんそくの治療

喘息の治療には軽度から重度まで治療方法が異なります。
慢性的になっている喘息には炎症を押さえ気管支を広げる治療が必要となります。
目安としては、ぜんめいや呼吸困難が週に2回程度では軽度と呼べます。
日常生活に支障が無く、夜中の発作は月に2回程度です。
軽度の喘息の治療では、呼吸が苦しいときにのみ気管支拡張薬を利用します。
場合によっては予防の為、ステロイド吸入薬の使用や抗アレルギー薬を服用します。
週2回以上軽度の発作があり、気管支拡張薬をその都度使用しているときには、中度に移行していると考えられます。
中度では週2回の発作があり、睡眠や日常生活の一部に支障があります。
例えば夜中の発作で夜何度も起きてしまう事や、昼間での発作でも一部問題となる程度です。
ピークフロー値も普通の人より3割程度減少しています。
中度での喘息では、日常的に経口タイプの気管支拡張薬の使用やテオフィリンの服用が必要となります。
吸入での気管支拡張薬では1日に4回を超えない事が目安となります。
それと同時にステロイド吸入や抗アレルギー薬の服用が使われます。
中度でも重いタイプでは、慢性的に喘息の症状があり、気管支拡張薬の吸入が毎日必要な状態を言います。
経口薬やステロイド吸入器の量を調整し、毎日利用します。
この治療を行っても気管支拡張薬の吸入を1日4度以上使用している場合は、重度の喘息に進行しています。
重度の喘息では日常生活や夜間の睡眠に支障があり、本人も呼吸が辛いと感じられるはずです。
場合によっては入院が必要な事もあり、吸入ステロイドの利用と経口気管支拡張薬の服用が必要です。
それでも改善されないときには、経口タイプのステロイドを利用します。
ステロイド吸入薬など日常的に炎症の治療を行っていなければ、重度の喘息発作になるリスクが高まります。
時には救急車で運ばれる事もあるでしょう。
この時には大量の薬が必要となり、喘息の発作を鎮めます。
ステロイド吸入薬をしようとすると共に、薬の服用の仕方や日常生活の指導などが必要となります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline