スポンサードリンク

急に発作がおこったときの治療

喘息は適切な治療を続けていても、急に発作が起こる場合もあります。
その治療方法は軽度と重度では異なります。
急に発作が起こったときには、どの程度の発作が起こっているのか判断してください。
小発作では呼吸困難を自覚していますが、横になって眠る事が出来、気管支拡張薬を数回利用すると収まる場合もあります。
それと同時に経口気管支拡張薬やテオフィリンの服用が必要となります。
それでも症状が継続している場合には、救急外来で治療が必要となります。
中発作の場合は、横になる事が出来ず、座った状態でなければ呼吸が困難な場合です。
歩いて移動するにも呼吸が困難で、病院で点滴を受ける必要があります。
症状が落ち着かなければ、夜間でも救急外来を訪れる必要があります。
大発作では、呼吸が非常に困難で歩行も会話も出来ない状態です。
救急車を呼び直ぐに処置を行う必要があります。
それ以上の発作になるとチアノーゼが見られ、呼吸が止まってしまうこともあります。
通常このような状態になる以前に、本人が呼吸困難に耐えられず病院を受診する事になりますが、急に起こった場合には早急に対処しなければ命の危険があると言っても良いでしょう。
出来れば軽発作のうちに病院を受診し、適切な治療をしてもらう事です。
いつまでもガマンしていても症状が改善される事はありません。
大発作にいたるまで治療を行わず、放っておくことは非常に危険です。
日常的に炎症の治療を行っている場合には、大発作まで進行してしまう事は少ないようです。
日常的な治療を行っていない場合には、症状の悪化に気が付く事が出来ず、大発作になるリスクも高まります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline