スポンサードリンク

小児ぜんそくの鍛錬方法

小児喘息の場合には、将来喘息に移行せずに完治する可能性もあります。
その為に軽度の内から喘息の鍛錬を行っておきましょう。
皮膚の鍛錬は、気道への過敏性の鍛錬に効果があります。
薄着をさせて寒さやなどの温度変化に対応する力を付けると、風邪の予防にも役立ちます。
子供の体感温度と大人の体感温度は異なりますから、親の感覚で衣類を着せすぎない事です。
大人がちょっと寒いと感じる程度でも、子供はちょうど良いのです。
腹式呼吸などは肺の筋肉を鍛える効果があり、発作が起こった時に呼吸困難を軽減させる働きもあります。
運動を行って鍛錬する方法もあります。
比較的効果があるのが、水泳で、湿り気のある場所で運動する事により、発作が起こりにくく運動誘発性の鍛錬に役立ちます。
運動誘発性喘息がある場合には、軽度の運動からはじめ、繰り返し負荷を付けていく事により肺機能を強化できます。
運動誘発性喘息により、運動が阻害されてしまう場合には、気管支拡張薬を予め利用し、発作が起こらない状態で行うと良いでしょう。
運動を行うと体の鍛錬や、精神的な強さを身に付け、肺機能もアップさせます。
喘息は心理的な要因もあり、ストレスが喘息の原因になる事もあります。
喘息の発作を起こしやすい人は、ストレスを受けやすい性格だったり、過去のトラウマが原因になっている事も考えられます。
小児の場合では、自立心を高め、自分に自信を付けさせる為にも、ぜんそくスクールや集団行動が学べる行事などに参加させて見ましょう。
あくまでも親の力を借りず、自分の力だけでやり遂げたという達成感を与え、自信を付けるようにさせてください。
親が喘息の事を心配しすぎるのも、子供に不安感を伝えるので良くありません。
また、親が環境を整えたり、治療方法を一緒に考える事も必要となってきます。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline