スポンサードリンク

せんそくの自己管理

喘息の治療は発作が起こる前に対処する事が大切です。
その為にも喘息の症状を自己管理し、発作が起こりそうになったら、早めに医療機関を受診する事です。
これで、大発作になる可能性はありませんし、精神的な不安も解消され、普通の人と同じように生活できるようになります。
その為には、喘息日誌の利用が大前提になります。
喘息日誌を利用していると、ピークフロー値により喘息の発作が起こりやすくなっているか判断が付きますし、医療機関を受診するタイミングも早めに知ることが出来るでしょう。
また、喘息日誌により、喘息が起こった要因を知るきっかけとなる事もあるので、日常生活でアレルゲンを避ける工夫も出来るようになります。
喘息日誌は本人だけでなく、医師も症状を把握する材料となるので、必ず活用すべきです。
今まで喘息の発作が起きたときの治療のみしか行わず、喘息日誌などの自己管理方法を行っていなければ、一度相談してみると良いでしょう。
また、喘息外来などの専門機関を利用するのも一つの方法です。
喘息日誌により、喘息の発作の可能性がある時には、気管支拡張薬の吸入を行い様子を見てください。
その後ピークフローが改善しない場合には、医師の診断が必要の可能性があるでしょう。
最高値の半分にまでピークフロー値が低下している場合には、早急に診察を受けてください。
これで、大きな発作を起こすリスクを防げ、早めの段階で処置できますから、少ない量の薬で治療が可能になります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline