スポンサードリンク

ぜんそくとは周囲の環境

アトピー型の喘息の場合には、住んでいる環境が大きく影響する事があります。
ダニやカビなどが代表例で、ダニは高気密の家に変わってきた事から増えています。
ダニは成虫よりも、死骸が細かくなって出来るチリの方が問題となる事もあります。
フローリングに変え、拭き掃除をこまめに行う事で予防できます。
ダニで問題となるのが、布団にいるダニです。
成虫が入り込みにくい細かい織り目の寝具を利用したり、定期的に布団に掃除機をかけるようにしましょう。
ハウスダストの中には大量のダニの死骸が含まれています。
ハウスダストを少なくするには、元となるダニを減らし、換気を良くする事が大切です。
カビは湿気の多い季節に発生してしまいます。
食品にもカビは生えるので注意が必要です。
観葉植物は、綺麗な空気を作りますが、土にカビが生える可能性があります。
住宅以外にも喘息の要因になる物質は存在しています。
大気汚染などに含まれる化学物質は気管支を刺激し、喘息の発作の原因になります。
中々喘息が良くならないなら、住む環境を変えてみるもの一つの方法です。
化学物質は住宅の建材にも含まれ、新しい家具などからホルムアルデヒドという有害な物質も出ています。
自然素材に変えたり、換気を行って有害物質を外に出す事が大切です。
車の排気ガスやタバコの煙、ペットの毛もアレルゲンになります。
食品添加物やダイオキシン、ストレス、飲酒、喫煙、鎮痛薬なども喘息の原因になります。
女性はホルモンのバランスが乱れる事から、妊娠中も喘息の症状が悪化する事があります。
吸入などを利用し、胎児に影響の無い治療方法を行いましょう。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline