ぜんそくの症状 目次

ぜんめい(喘鳴)
息切れ(呼吸困難)
せき
たん
その他の症状

スポンサードリンク

たん

喘息の人は気管支に炎症が起きると、異物を排出させる為たんやせきが出ます。
細菌性の病気とは異なるので、白い透明のたんが出ます。
慢性気管支炎や肺炎のときなど、ウイルスや細菌性の影響があると、黄色いたんが出ます。
喘息の患者が黄色いたんを出したときには、細菌の感染を疑います。
急性気管支炎や肺炎などのときです。
喘息のたんは体の水分が不足すると外に出すことが困難になるので、適度に水分を補給する習慣をつけましょう。
喘息の発作が起こっているときには、特に水分の補給が必要です。
喘息で死亡した人は、たんが気管支に粘りつき、たんを排出できなかった為です。
呼吸困難を起こしている時には、たんを出すようにしましょう。
うつ伏せになったり、頭を下にして這うような形になるとたんが出やすく、呼吸が楽になります。
たんがからんでくると呼吸が苦しくなってくるので、気管支を広げたんを出しやすくする薬を服用します。
急性の喘息発作の時には、気管支を拡張する吸入を利用することもありますが、心臓に負担をかけやすいので使用する回数は限られています。
たんにピンクの色が付いているときには、他の病気の可能性があります。
喘息の患者はたんが出るときには、色をチェックするようにしてください。
たんの色でどのような影響を受けているのか、病気にかかっているのか判断する事が出来ます。
日頃からたんが出やすいときには、気管支が炎症を起こしている可能性があるという事をしりましょう。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline