ぜんそくの症状 目次

ぜんめい(喘鳴)
息切れ(呼吸困難)
せき
たん
その他の症状

スポンサードリンク

その他の症状

喘息の人はアレルギーにより喘息になっている人が多く、他のアレルギー疾患にかかりやすくなっています。
アトピー性皮膚炎や鼻炎などを併発している事も珍しくありません。
特に幼児の頃にはアトピー型喘息になっている人が多く、大きくなるに従い症状が移行していくアレルギーマーチになっている可能性もあります。
アレルギー疾患のある人は、喘息になる可能性を秘めている事になります。
小さいころにはアトピー性皮膚炎だけだったのが、鼻炎、喘息と移行してくることがあります。
また、その症状が合わさって出ている人もいます。
それらの人は、喘息の発作が起こったときには、鼻水なども同時に出る為、鼻からの呼吸と口からの呼吸の両方が阻害され呼吸が困難になってしまいます。
喘息の症状が治まってくれば、同時に鼻炎の症状も落ち着いてきます。
しかし、スギ花粉症の患者に関しては、スギにのみアレルギーを出しているので、喘息を併発する事は少なくなっています。
鼻炎を持っている人は、鼻の呼吸が妨げられる為、口呼吸になってしまいます。
口から直接呼吸をすると、細菌やハウスダストなどが直接肺に入り込み、気管支を刺激してしまいます。
また、冷気を口から吸い込む事も、気管支を刺激する事になります。
喘息の発作を起こさないためには、口呼吸を止めて鼻炎を治す事も大切です。
喘息の患者は、精神的な病気にもかかりやすくなっています。
ストレスに弱い人は喘息になりやすいと言われていますが、喘息がいつ起こるかわからないという強いストレス自体が原因となっている事もあります。
ストレスを取り除くためにも、喘息のコントロールを行うべきです。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline