スポンサードリンク

肺のしくみ

喘息は肺の気管支の炎症が原因で、ぜんめいを起こしたり、呼吸困難になります。
肺の仕組みを良く知り、喘息に対する知識を持ちましょう。
肺は2つの風船状の臓器で、呼吸により膨らんだり縮んだりします。
肺の中には、およそ3億個の小さなぶどうのような塊があり、酸素を取り込む窓口の役割を果たします。
この肺胞の周りには毛細血管が張り巡らされ、二酸化炭素と、酸素の交換を行っています。
喘息のときに炎症が起こる気管支は、肺と口や鼻を繋ぐ役割を持っています。
口や鼻から入った空気は、のどを通り、気管、気管支、肺の順に進みます。
喘息の発作により気管支に炎症が起こると、空気の通り道が狭くなって、肺との空気のやり取りが難しくなります。
取り込んだ空気にはウイスルやホコリなどが混じっています。
最初に鼻の毛によりフィルターで取り除かれ、次に気管支の壁に付着します。
直接肺に異物が届けられる事はありません。
気管支に届いた異物はセキやくしゃみなどにより排出します。
この時に異物に対しアレルギー反応を起こすと、気管支が炎症を起こし喘息の発作となります。
喘息の発作の時には、たんやせきが出ますが、体に異物を入れないための防御反応だったのです。
気管支に付着した異物は、表面にある細胞により上へと運ばれ、口に届くと知らないうちに飲み込んで処理しています。
この防御反応がうまくいかないと、肺に細菌が届けられ、肺炎などの病気になってしまいます。
異物を出す働きは正常な防御反応ですが、アレルギーを持っている人はアレルゲンに触れると過剰に反応してしまうのです。
その為、アレルギー性の喘息の場合には、アレルゲンに触れないようにする事も大切です。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline