スポンサードリンク

ぜんそくとは

喘息とは気管支に炎症を起こし、空気の通り道が狭くなって、呼吸が困難になる病気です。
気管支が細くなるのは、気管支の壁にある筋肉が縮んだり、気管支にむくみが起こったり、炎症により分泌物が出る事によりなります。
気管支が弱い人は、刺激が起こるとそれらが起こり、ぜんめいとなります。
気管支の狭さは、自然と治ったり、薬の服用によって改善されます。
共通して言える事は、喘息の患者は発作時に気管支に炎症が起こり、ぜんめいや息苦しさを訴える事です。
炎症は発作が起こる前から続き、ちょっとした刺激で気管支の炎症が進んでしまう事があります。
喘息の患者のたんには白血球が多く認められ、炎症が起きている事が分かります。
たんの検査によっても喘息かの判断が付けられます。
以前は喘息の発作が起こったときに、気管支を拡張させる薬を利用していました。
気管支を広げ、たんを出しやすくして、空気の通り道を作ると呼吸が楽になります。
しかし、炎症を取り除かなければ、気管支が過敏になっているのでまた喘息の発作が起こってしまう可能性が高いのです。
現在は発作が無いときにでも、気管支の炎症を治療し、喘息をコントロールする治療方法を行っています。
スポーツ選手の人の中にも喘息を持っている人がいますが、気管支の炎症を抑えコントロールする事でスポーツを楽しむ事が出来るようになっています。
何度も発作を繰り返している人は、気管支の炎症を抑える治療が必要となります。
現在ではステロイドの吸入器によって炎症を取り除く治療が行われています。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline