スポンサードリンク

気道の炎症反応

喘息の原因は、気管支が炎症を起こしている状態です。
その元となるものはアレルギー物質や冷気などの刺激物です。
その他に化学物質、ウイルス、放射線、熱などによっても気管支は刺激を受けています。
気管支に炎症が起こるのは、気道に傷害が起こりそれを治そうとする力が働き、白血球が多く集まるようになります。
炎症の原因となる物質がそれ以上増えるのを防いでいる状態です。
喘息の場合には過度に炎症が起こり、慢性的に気管支に炎症が起こっている状態なのです。
炎症が続いている限り、少しの刺激にも反応してしまい、喘息の発作が起こってしまいます。
アレルギー反応が出てしまったときには、その次からは過剰な防衛反応が働いてしまい、気管支の炎症を起こしてしまいます。
一つのアレルギーが原因の時には、少しずつアレルゲンを摂取し、体を強くする減感治療方法が有効となります。
しかし、喘息の患者は様々な刺激に弱く一つのアレルゲンに対して起こっている人は少ないようです。
炎症を取り除くためには、アレルギーを抑える飲み薬や、炎症を抑えるステロイド吸入器を利用します。
常に炎症を起こしている気管支を治療し、健康な人と同じように生活する事も可能です。
小児の場合では炎症を抑える治療を続けていると、大人になる前には治る事もあります。
炎症の治療は勝手に止めず、医師の指示があるまで続けることが大切です。
治療を行っていると、大人でも炎症が起こりにくくなり薬を止める事が出来る人もいます。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline