スポンサードリンク

気道に炎症を起こ原因

喘息には3つのタイプに分けられます。
一つ目はアトピー型で、アレルギーによって気管支に炎症を起こすタイプです。
アレルギーは人によって異なりますが、ハウスダストやダニタバコの煙、ペットの毛などが起こりやすくなっています。
これらのアレルゲンを取り除く工夫をするだけで、喘息の発作が出なくなる人もいます。
また、最近問題となっている、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどの建材から出る化学物質も影響を及ぼします。
小さいころにアトピー性皮膚炎だった人は、アトピー型の喘息になりやすいのです。
乳児や幼児の喘息は殆どがアトピー型と言われています。
次に、感染型と呼ばれる喘息のタイプがあります。
完全型はアレルギーが原因で喘息になったのではなく、風邪などのウイルスによって気道が敏感になり炎症を起こすタイプです。
もう一つは混合型です。
アトピー型と感染型の2つの原因を持っている場合です。
喘息の患者でも風邪を引いたときに、喘息の発作が出やすい人もいます。
この人はアレルギーとウイルス両方に刺激を受けるタイプといえます。
感染型は少なく、多くの人は混合型になっています。
小さいころには純粋なアトピー型であっても、長い時間気管支に炎症を起こしているとウイルスにも炎症を起こしやすくなってしまいます。
子供の頃にはアトピー型であったが、大人になるにつれて混合型に進行していくようです。
アレルゲンを無くす工夫と、風邪をひかない体つくりの両方が必要となります。

つらい喘息を完全に克服・予防するためには 正しい方法と法則が存在します。
実は、病院に通い続けて治療をしても「必ず治る」ということはなく、 ほとんどが“一時的な治療”でしかないのです。

14日間で喘息患者を完治させてきた!お金をかけず自宅でできる◆大島式喘息予防術◆


喘息の発作を予防するには「気道」を発作因子から守ればいいのです。
これからあらゆる発作因子からあなたの 気道を守る方法を紹介いたします。

「気道を守る 喘息発作予防術」



このページのTOPへ戻る


footline